[metaslider id=96]
医師の転職

記事がありません

アプリ制作をどう選ぶか

アプリ制作はネイティヴアプリとウェブビューアプリに大きく分かれます。

★★ネイティヴアプリとは★★

ネイティヴアプリとは一般的に誰もが使っているアプリのことであり、WEBサイトとは関係なく存在するアプリのことを指します。人気のゲームアプリや天気予報・乗り換え・通信系のアプリはこの部類に属します。ネイティヴアプリの制作はほとんどがエンジニアによるプログラミングとして行われるので、エンジニアの工数がかかって費用が非常に高くなります。そのアプリの企画を決めなければならないばかりか、費用は最低でも500万円、高い場合には数億円程度かかるので必ずしも儲かりません。もちろん良いアプリを作って大量にダウンロードさせ、そこから課金させるなり広告で収入を得るなりすればいいですが、そうなるのは簡単ではありません。なので企業が最初に作るべきはネイティヴアプリではないと言えます。
ネイティヴアプリを作る場合はそのアプリ自体が商品になるので、企画そのものとプロモーション戦略が必要になっていると言えます。

★★ ウェブビューアプリとは ★★

ウェブビューアプリとはスマートフォンサイトを基本に、機能を加えてアプリ化したものです。作るためにはSPサイトがあることが条件で、SPを更新すればアプリも更新されていきます。
ポイントはそのアプリにどのような機能があるか、ということです。現実には企業のアプリの多くの部分はウェブビューで作られていることが多いですが、「プッシュ通知」「GPSプッシュ通知」「SNSとの連携」「管理画面の設置」など、どれだけの機能があるかをチェックする必要があります。一般的な企業では特別な機能がなくても、いくつかのこうした機能がついていれば事足りる場合が多いです。
次にそのアプリ化の値段がいくらなのかという話になります。ウェブビューなら月額30,000円程度が望ましいといえます。その値段でどれだけの機能があるかを比較検討していくのが適切なアプリ化の手段であるといえます。

★★ 何を基準にアプリを選ぶのか ★★

ネイティヴアプリは一つの商品であり、ウェブビューアプリはサイトのプロモーションのためのツールであると考えるべきです。企画と巨額の費用があるのならネイティヴアプリの制作を考えてよいです。今いる顧客により買い物をしてもらいたいと思うのであれば、ウェブビューアプリを作ることが望ましです。
アプリそのものの特徴はユーザーと企業の距離を縮め、よりアクセスしやすい・お金を使いやすいという特徴があります。
今後は「アプリを持っていて当然」という時代になってはきますが、適切に運用できるようにアプリを作る前に考えなければなりません。

★医療と幹細胞化粧品
女性医師なら幹細胞化粧品のアンチエイジング効果の高さについて認知していることでしょう。
現在女性たちに人気の幹細胞化粧品ですが、医学に関する専門的知識の強い医師が扱えば、単に市販で並べるよりも多くの売り上げを望むことができるでしょう。
美容外科に勤める女性医師ならばこの幹細胞化粧品を女性に勧めることができますし、最新の医学情報についても精通していますね。
利用者側としても美容外科などでケアを行ってもらった後に、どれがもっとも効果があるか、専門的な話を聞いて選ぶと良いでしょう。

幹細胞化粧品で美容に磨きをかけましょう

★幹細胞化粧品をどうやって手に入れる?
医師が美容に磨きをかけたいと考えたら幹細胞化粧品が有効ですが、果たしてそれをどうやって手に入れたらいいでしょう。
答えは「スマホアプリで入手する」です。
やはり現在では化粧品を入手するのにもスマホアプリが最も有効です。
これを考えて化粧品業界ではスマホアプリを開発することが当然となっています。
そしてスマホアプリを制作するのであればアプリ制作のアプリルが最も良いといわれているのです。